小児科医院・クリニックの開業ポイント

病院やクリニックの経営・集客において、子供さんを扱う小児科は他とは違ったコンセプトが必要です。ここでは、そんな小児科を扱う医療関係者に開業に向けて、また、より多くの集客をめざすためのポイントをご紹介します。

小児科は、多くの診療科目のなかでも、一番口コミ次第で集客が変動します。お母さんや若い女性はスマホを駆使して情報を集め、その口コミはあっという間に広がります。

だから、インターネットやスマホを意識した医院開業・クリニック経営戦略がうまく行けば、早い段階で経営を軌道に乗せることが出来るでしょう。

 

・立地条件

少子高齢化の時代を向え、小児科患者の減少を長期的に予測して、クリニック周辺の人口動向や今後の潜在患者数の推移を把握した立地を考えましょう。駐車・駐輪場の十分なスペースの確保も重要です。

・順番待ち予約システム

我が子が体調を崩しているのに長く待たされるということに、親御さんは大きなストレスを感じます。スマホ対応のインターネット順番待ち予約システムが導入されていれば、大きく改善されます。家や例えばクリニックの駐車場で待てるようにすれば、待たされているという感覚は軽減され、院内感染のリスクも減ることになるのです。

・インフォームドコンセント

小児科は親御さんへの説明・納得が特に求められます。インフォームドコンセントを徹底すればクレームの多くは防ぐことが出来ますので、しっかりと説明して、納得してもらえる体制を作ることが大切です。

・靴履き替えの有無

衛生上、履き替えをするクリニックが増えています。その場合、紫外線滅菌器付きの収納ケースで滅菌したスリッパを用意する必要があります。また、床暖房としてスリッパ利用なしというケースもあります。

・キッズルーム

以前は、キッズルームを設置することも多かったのですが、子供同士のけんかや感染防止の観点から、今は廃止されているところが多くなりました。

 

いかがでしたか、

今回は「小児科医院・クリニックの開業ポイント」についてのご紹介でした。

是非、参考にしてみてください。