プラセンタ配合化粧品の3つのポイント

 

病院や美容クリニックのコンサルティングでもよく取り上げられるようになってきました「プラセンタ」ですが、それを配合した化粧品の美容効果とその仕組みについて、ご紹介します

 

・プラセンタでお肌のうるおいをキープ

プラセンタは哺乳類の胎盤エキスから抽出されたもので、アミノ酸が多く含まれています。お肌の角質細胞の中にある天然保湿成分(=NMF)の多くを占め、お肌の新陳代謝(=ターンオーバー)の働きをします。加齢や生活習慣の乱れなどで、ターンオーバーが悪くなるとNMFが減って、お肌のうるおいが悪くなります。同じようにセラミドも、同じような条件で減少します。お肌の角質層内で幾層にも重なった角質細胞同士をつなぎ、水分を挟み込んでキープするのがセラミドの役目です。また、異物侵入のバリアの役目も行っています。ですから、このセラミドが減少すると、水分が外に抜けて、お肌の乾燥や小じわが目立ち、バリア機能の低下のせいで肌荒れを起こし易くなります。

プラセンタ配合の化粧品をお肌につけると、アミノ酸が浸透して、NMFやセラミドの生成を促進します。そして、乱れたターンオーバーを整えて、お肌のバリア機能を復活させてくれます。

・小じわやしみ対策に効果

表皮の一番下の基底層で作られた新しい細胞は、だいたい28日かけて角質層へ押し上げられ、垢となって剥がれ落ちます。この仕組みをターンオーバーと言うのですが、年齢と共に新陳代謝が悪くなり、40代では約40日もかかると言われています。

プラセンタはターンオーバーを整え、シミ解消に役立ちます。

・お肌の老化を遅らせる

過剰発生すると皮膚細胞を酸化・老化させる活性酸素を抑制するビタミンCやE,ミネラル、活性ペプチドなどが、プラセンタには含まれています。

 

いかがでしたか、

今回は「プラセンタ配合化粧品の3つのポイント」についてのご紹介でした。

このプラセンタの効用をよく理解して、あなたのビューティライフを豊かなものにしてください。

是非、参考にしてみてください。